" />

Blog Life

【ブログ】分かりやすい文章を書くたった1つの方法【カンタンです】

alt=""

 

ブログを書きたい!だけど、どういう風に書いたらいいんだろう?分かりやすい文章を書きたいな

 

こんな悩みを解決します。

 

今回は、ブログで分かりやすい文章を書くコツを紹介します。

先に結論から言ってしまうと、ブログは「PREP法(プレップ法)」を使うと分かりやすい文章が書けます。

 

そこで、この記事では、まずPREP法について解説します。

その後、PREP法のメリットを説明していきます。

 

 

この記事の内容

  • PREP法とは?
  • PREP法を使うメリット
  • PREP法を使った文章の具体例

 

それでは、始めましょう!

 

PREP法とは

 

alt=""

 

PREP法とは、以下のことを言います。

 

PREP法

P : Point(結論、要点)

R : Reason(理由)

E : Example(具体例)

P : Point(結論、要点)

 

PREP法は、この4ステップを使って文章を書きます。

1つずつ見てみましょう!

 

P : Point(結論、要点)

 

PREP法では、まず初めに結論から書きます。

最初に結論を伝えることで「記事で何を伝えたいのか」を読者に理解してもらいます。

 

R : Reason(理由)

 

結論の次は、その理由を書きます。

理由を伝えることで、「なぜ、その結論なのか」が分かります。

 

E : Example(具体例)

 

理由を述べたら、具体例を紹介します。

例を使うことで、読者がより理解しやすくなります。

 

P : Point(結論、具体例)

 

最後に、もう一度結論を言います。

改めて、記事で伝えたいことを読者と共有します。

 

以上が、PREP法を使った文章です。

 

PREP法を使うメリットとは?【Win-Winです】

 

alt=""

 

ここまで、PREP法について説明しました。

次は、PREP法を使うメリットを解説します。

 

メリットは下記の通りです。

 

PREP法のメリット

①分かりやすい

②記憶に残りやすい

③効率よく文章が書ける

 

順番に説明します!

 

①分かりやすい

 

PREP法は、相手に分かりやすく伝えることができます。

その理由は、読者のストレスをなくせるからです。

 

最初に結論を言うと、読者はどう受け取るでしょう?

 

  • 話のポイントが分かった
  • でも、なぜその結論になるんだろう?

 

読者は上記のように感じると思います。

そこで、次に理由を伝えることで、読者の「なぜ?」を解消できます。

 

理由の後に具体例を書くと、読者は更にイメージができます。

 

そして、最後にもう一度結論を伝えます。

改めて結論を伝えることで、読者は話のポイントが分かります。

また、理由や具体例を述べた後の結論なので、説得力があります。

 

このように、PREP法を使うと、相手が理解しやすいのです。

 

②記憶に残りやすい

 

PREP法は、読者の記憶に残りやすいです。

その理由は、下記の2つです。

 

  • 文章が論理的
  • 読者が能動的に読む

 

ざっくり説明しますね!

 

文章が論理的

 

PREP法は文章を論理的に伝えることができます。

「論理的な文章=頭に入ってきやすい文章」と言えます。

そのため、覚えてもらいやすいのです。

 

読者が能動的に読む

 

PREP法は、読者に記事を能動的に読んでもらえます。

どういうことかというと、読者は考えながら文章を読むのです。

 

下記のやりとりを見てください。

 

shin
海外旅行は大切です。

 

そうなんだ。でも、なんでだろう?

 

 

shin
理由は、日本について考えられるからです。

 

なるほど、、、

 

 

shin
海外のトイレを利用して、日本のトイレの清潔さに感謝できました。

 

なるほど!イメージできたぞ!

 

 

shin
だから、海外旅行は大事なのです

 

分かりました!

 

内容はおいといて、こんな感じです。笑

PREP法を使うと、読者が考えながら読んでくれます。

そうすると、読者の記憶に残りやすいのです。

 

③効率よく書ける

 

PREP法は、読み手だけにメリットがある訳ではありません。

 

PREP法を使うと、書く側にもメリットがあるのです。

それは、PREPという「型」に沿って文章が書けるからです。

 

設計図があると、組み立てがカンタンになりますよね。

それと同じで、PREPが文章の設計図になるのです。

 

「文章を分かりやすく、カンタンに書ける」ことが、PREPのメリットです。

 

PREP法の具体例を見てみよう

 

alt=""

 

それでは、実際にPREP法を使った文章を見てみましょう!

 

まずは、PREP法を使わなかった文章を書きます。

その後、PREP法を使って書き換えるので、比較してみましょう。

 

PREP法なしの場合

 

まずは、PREP法を使わずに書いてみます。

 

 

相手にうまく物事を伝えられるようになりたくて、PREP法を勉強しました。

それを、就活の時にエントリーシートや面接で使ってみました。そしたら選考に通過できるようになりました。

僕の話が分かりやすかったと、人事の方も言ってくれました。PREP法を知ってよかったと思います。PREP法、おすすめです。

 

 

いかがでしょうか?

次は、PREP法を使って書き換えてみます。

 

PREP法ありの場合

 

こちらは、PREP法を使って書いた場合です。

 

 

PREP法はオススメです。

なぜなら、物事を相手に分かりやすく伝えられるからです。

就活の時にエントリーシートや面接でPREP法を意識したら、人事の方から「分かりやすい」と好評価でした。

その結果、選考の通過率も上がりました。

そのため、PREP法はオススメです。

 

 

どうでしょうか?

きっと、「PREP法あり」の方が分かりやすかったと思います。

 

さいごに

 

alt=""

 

ここで、PREP法をもう一度おさらいします。

 

PREP法

P : Point(結論、要点)

R : Reason(理由)

E : Example(具体例)

P : Point(結論、要点)

 

PREP法のメリットです。

 

PREP法のメリット

①分かりやすい

②記憶に残りやすい

③効率よく文章が書ける

 

PREP法はブログを書く上で大切です。

PREPを意識しながらブログを書きましょう。

 

しかし、PREP法を意識しすぎるのはやめた方がいいです。

理由は、ほとんどのブログはPREP法で書かれているので、PREPを強調すると「ごく一般的な記事」になる可能性があるからです。

 

PREP法をベースにしながら、自分なりの独自性を出せるようにしましょう!

 

-Blog, Life

Copyright© Lotus Times , 2020 All Rights Reserved.