" />

Life writing

未経験でもWebライターで稼ぐ方法【編集者目線でお伝えします!】

 

Webライターを始めてみたいけど、未経験でもできるかな?

 

こんな悩みを最近よく聞きます。

最近はWeb関連の仕事に人気が出てきて、Webライターも注目度が高まってきました。

しかし、未経験からWebライターになるには具体的にどうしたらいいか分からないという方が多いかと思います。

 

そこで今回は、未経験からWebライターになる方法をご紹介します。

また、編集者としての経験をもとに、発注側の目線から見た稼げるライターの特徴もお伝えします。

 

shin
僕も経験なしでWebライターを始めましたが、今ではライター・編集者として独立できました。

 

この記事を読めばWebライターとしての一歩を踏み出せるので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

この記事の内容

  • 未経験からWebライターになるには
  • Webライターとしての収入をアップさせる方法
  • 【編集者目線】稼げるライターの特徴

 

それでは、早速はじめましょう。

 

未経験からWebライターになる方法【割と簡単です!】

 

未経験からWebライターになる方法は、実は簡単です。

以下の3ステップでWebライターになれます。

 

3ステップ

① 仕事をとる

② 知識を吸収しながら書く

③ ①と②の繰り返し

 

以上です。ほぼ2ステップですね!

 

ステップ1 : 仕事をとる

まずは、仕事をとりましょう!

 

いや、知識も経験もないから書けないよ

 

このように思うのはとてもよく分かりますが、何よりもまずは仕事をもらうのが大切です。

理由は単純で、書きながらコツを掴むのが1番手っ取り早いからです。

 

また、「受注 → 納品 → 収入を得る」という流れを早い段階で経験することで、Webライターとしての実感も得られます。

 

仕事をとるには、クラウドソーシングがおすすめ

Webライティングの案件を探すなら、以下のクラウドソーシングがおすすめです。

 

 

どちらもたくさんの案件があります。

詳しい登録・案件応募の仕方はこちらの記事内で解説しているので、分からない方は参考にしてみてください。

 

関連記事
【副業】在宅で月5万を稼ぐ方法【スキルなしで始められます】

続きを見る

 

仕事をとるのが不安という方へ

最初は不安だと思いますが、心配する必要はありません。

ライティング案件のほとんどは、テストライティングがあります。

 

テストライティングとは

本来の単価よりも低い価格でライターの実力をチェックするものです。

 

テストライティングなら気軽に受けられるので、積極的に応募しましょう。

テストに受かったら、そのクライアントのニーズに合っているということなので、自信を持ってください!

 

通過できなかった場合でも、貴重なライティング経験を積んだことになります。

勉強したり自分の文章を見直したりして、再チャレンジしましょう。

 

ステップ2 : 知識を吸収しながら書く

仕事を受注したら、ライティング知識を吸収しつつ記事を書きましょう。

まずは、知識を吸収するおすすめの方法を紹介します。

文章が書けるようになるには、以下の2つがおすすめです。

 

クライアントのサイトを参考にする

多くのライティング案件には、依頼者のサイトや参考となる記事のURLが掲載されています。

 

クライアントが「こういう風に書いてほしい」とサンプルを見せることで、よりクライアントのニーズに合った記事を書いてもらいやすくなるからです。

 

サンプルを読み込んで、同じようなスタイルになるよう勉強しましょう。

※ただし、サンプルを丸パクリするのはNGですよ

 

本で勉強する

知識を身につけるもう1つの方法は、やはり本です。

Webライター関連の本は膨大にあって選べないかと思いますので、おすすめの1冊を紹介しますね!

 

 

こちらは「文章術のベストセラー」といわれる本100冊が1つにまとまったものです。

ライティングの基礎を広く学べるので、とてもおすすめです。

 

Webライター向けの本について、詳しくはこちらの記事でも解説しています。

 

関連記事
Webライターにおすすめの本を5冊に厳選!【初心者必見】

続きを見る

 

ステップ3 : ①と②を繰り返す

「仕事をとる → 知識を吸収しながら書く」という流れを掴んだら、あとはその繰り返しです。

繰り返すうちに経験値も上がるので、ライティングの難易度は下がります。

また、実績が増えるので、より仕事をとりやすくなりますよ!

 

Webライターとしての収入をアップさせるには【2つの方法があります】

 

Webライターになる方法が分かったら、次の目標は収入アップです。

収益が少ないと、ライティングでご飯は食べていけませんよね。

Webライターの収入をアップさせる方法は、大きく2つです。

 

・書くペースを上げて本数をこなす

・単価を上げる

 

要するに、「量と質」ですね。

ユニクロとシャネルみたいなものです。

 

数を売って稼ぐか、単価で勝負するかという感じです。

 

ただ、洋服と違うのは、ライターは両方目指せます

単価の高い案件をたくさんこなせるようになると、収入がアップします。

 

シャネル&ユニクロライターを目指しましょう!
shin

 

それでは、ペースと単価を上げる方法をご紹介します。

 

ペースを上げるには【慣れましょう】

ライティングのペースを上げるには、とにかく数をこなすのが1番です。

それは、書き慣れることで引き出しが増えるからです。

表現や言い回し、テンプレートなどが蓄えられて、執筆スピードが上がります。

 

単価を上げるには【専門的な知識を身につけましょう】

単価を上げるには、長期で依頼され続けることが1つの方法です。

クライアントから継続的に仕事をもらうと、文字単価が上がる可能性があります。

 

0〜6ヶ月目 0.5円 / 1文字
7〜12ヶ月目 1円 / 1文字

 

あくまで1つの例ですが、上記のような感じです。

 

もしくは、専門的な知識を身につけることです。

専門的な内容は誰もが書けるわけではないので、単価は高くなります。

 

極端な例ですが、もしテーマが「インプラント」だとしましょう。

普通のライターと歯医者だったら、後者が書いたほうが記事の信頼性もクオリティも高いですよね。

しかし、歯医者の経験があるライターはレアキャラです。

そのため、自ずと単価は高くなります。

 

いや、専門知識を身につけるのは時間がかかるし効率も悪い、、

 

とはいえ、こう思うのが普通ですね、、

そこで、おすすめの専門的知識をご紹介します。

それは、WordPressです。

 

メモ

WordPressは、ブログを運営するのに必要なものの1つです。依頼者の中にもWordPressを使っている方がいます。

 

つまり、WordPressでブログを始めるのがおすすめということです。

なぜブログがおすすめなのか、簡単にお伝えしますね!

 

作業範囲が広がる (=重宝される)

Webライターにお願いされる仕事は、基本的には「書く」ことです。

そのため、WordやGoogleドキュメントに記事を書いて納品するパターンがほとんどです。

しかし、もし「WordPressの入稿までできます」となると、どうでしょうか?

クライアントの負担をより軽くできますよね。

そのため、単価も上がります。

(中には、入稿できる人限定という条件の案件もあります)

 

ライティング経験を積める

ブログを書くことで、書くスキルを鍛えられます。

受注した仕事だけでライティングをしていると、経験値がたまるペースは遅いですよね。

一方、ブログであれば毎日でもかけるので、ハイペースで経験を積めます。

また、ブログから収入を得られる見込みもあるので、スキルアップ+収益化で一石二鳥です。

 

SEOに強くなる

ブログをやっていると、SEOに強くなります。

 

メモ

SEOとは、Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)のことです。

Googleで検索したときに、サイトを上位に表示させてより多くの人にヒットさせる方法です。

 

このスキルがあると、より仕事をとりやすくなります。

※「Webライティング案件のほぼすべてが検索上位を狙える記事を必要としている」と言っても過言ではありません。

 

以上が、WordPressでブログを書くメリットです。

ブログの詳しい始め方や費用などはこちらの記事で紹介しているので、気になる方はチェックしてみてください。

 

関連記事
【WordPress】ブログの始め方を50の画像で解説【 1時間でできます!】

続きを見る

 

注意

ブログをテキトーに書くのはNGです。

まずライティングが上達しません。

また、クライアントがもし雑なブログを見ると、信頼度が下がります。

ブログは最大限のクオリティで書きましょう。

 

【編集者目線で紹介】稼げるライターの特徴

 

おまけですが、実際に編集者から見た稼げるライターの特徴をお伝えします。

 

稼げるライターの特徴

・プロという意識を持っている

 

正直、これに尽きます。

お金をもらう以上はプロのライターなわけですから、しっかりその意識を持っていると発注側としてもありがたい(=継続して依頼したい)です。

 

「プロ意識」と聞くと難しいですが、要は最低限のマナーを守ることですね。

 

納期は守る

これは当たり前ですね。

ただ、なぜか遅れる人が多いのも事実です。

「最近体調が、、」「個人的なことで色々ありまして、、」など、何かと理由をつけて遅れます。

 

中には「WiFiが繋がらず」というのもありました笑
shin

 

もちろん本当に体調が悪ければ休んでも問題ないですが、やはり印象としてはよくないですよね。

(もし大規模なプロジェクトのプレゼンを控えていて体調を崩したとしても、頑張って準備すると思います。それと同じです。)

 

基本は納期通りに、できれば万が一に備えて早めに書き終えるくらいだと助かります。

 

連絡や報告は丁寧にする

いわゆる「ホウレンソウ(報告・連絡・相談)」ですね。

以下のようなパターンはNGです。

 

NGパターン

・こまめなやりとりができない

・不明点を聞かない&納品時に後付けで報告

・納期ギリギリになってから遅れますと言う

 

Webライターと発注側はメッセージでのやりとりがほとんどなので、人柄や丁寧さが伝わりにくいのが現状です。

そのため、連絡は120%の丁寧さくらいでちょうどよいと思います。

 

納品前にしっかり検品する

提出前に記事をチェックするのも大切です。

 

もし自分が買ったものが最初から汚れていたら、悲しいですよね。

 

発注側が受け取る記事も同じです。

記事も1つの商品なわけですから、キズ(誤字や脱字、書き漏れなど)がないか出荷前に確認するのがプロといえます。

 

この3つがしっかりしていると、すごく信頼できます。

そして、プロ意識を持っている方は記事のクオリティもすぐに上がります。

 

さいごに

 

さいごに、未経験でもWebライターになる方法のおさらいです。

 

① クラウドソーシングで受注する

おすすめは以下の2つです。

 

 

② 知識を吸収しながら書く

本やクライアントのサイトで勉強しながら書く経験を積みます。

もしくは自分でブログを書いてみましょう。

 

③ ①と②の繰り返し

ライティングをこなしていきましょう。

書くスピードも質も上がって収入が増えます。

 

今回は以上です!

-Life, writing

Copyright© Vietnamag. , 2021 All Rights Reserved.