" />

Study Abroad

【留学】SNSがマストアイテムである理由

alt=""

 

「留学前の準備って、何から始めればいいの、、、」

 

留学前の準備って、結構大変です。

 

パスポートやビザなどの絶対に忘れてはいけないものから、洋服や日用品など、どれくらい持って行けばいいか分からないものまで、準備だけで相当な時間を費やします。

 

筆者もスーツケースを目の前にして、何時間も荷造りに苦しみました。

 

しかし、荷物以外に、留学前に準備しておいたほうがいいことがあります。

それは、パスポートやビザと同じくらい重要といっても過言ではありません。

 

この記事では、筆者が実際に留学前に準備しておくべきだったと感じたことについて紹介します。

 

SNSはマストアイテム

 

alt=""

 

留学前に忘れずに準備しておくことは、SNSです。

おそらくほとんどの人がSNSを利用していると思います。

しかし数あるSNSの中でもFacebookが特に大切です。

 

筆者は留学に行く前はFacebookをほとんど利用していなかったため、現地についてから急いで準備しました。

なぜFacebookが留学に必要なのか、説明していきます。

 

Facebookは必須

 

alt=""

 

留学に行くのであれば、Facebookのアカウントは作っておいた方がいいです。その理由は3つあります。

 

  • 海外ではFacebookが主流
  • イベントのチェックができる
  • 自己紹介になる

 

海外ではFacebookが主流

 

日本ではSNSというと、Facebookはマイナーかもしれません。

どちらかというと、TwitterやInstagramがメインでしょう。

 

しかし留学で海外へ行くと、とても多くの人がFacebookを利用しています。

実際に筆者が留学中、「Facebookやってる?」と聞かれることは頻繁にありましたが、TwitterやInstagramをやっているか聞かれることはあまり多くなかったです。

知り合った人とSNSで繋がっておくことは留学中に友達を作るには大事な要素の1つですので、Facebookアカウントの開設をしておきましょう。

 

また、留学先ではFacebookのMessengerというチャットアプリを使って連絡を取り合うことが多いです。

日本ではLINEがほとんどですが、外国ではLINEよりもMessengerを使います。

 

グループチャットもMessengerを利用することが多いので、留学生活においてFacebookは重要な役割を果たしているのです。

 

イベントのチェックができる

 

留学をすると、留学先の大学やその大学がある地域で様々なイベントが開催されます。

そのイベントは、Facebookのイベントページで見ることができます。

 

また、パーティなどのイベントを計画する時も、Facebookを使います。

例えば誰かの誕生日パーティがあると、主催者はFacebook上でイベントページを作成し、友達をそのページに招待します。

 

海外ではそういったパーティも割とオープンなので、仲のいい人はもちろんのこと、ちょっとでも知り合いであれば誘います。

そのため必然的に人数が多めになるのですが、そういう場に行くことで新たな交流を生むことができます。

 

Facebookのアカウントを持っていることでそういった交流の場に招待されることも増えるので、留学生活を充実させるためにもアカウントを作っておきましょう。

 

自己紹介になる

 

Facebookは、自己紹介を助けてくれます。

留学中は自分のことを英語で紹介しなければなりません。

しかし最初は英語が不慣れな状態であるため、100%自分の言いたいことが言えるとは限りません。

 

そんな時、相手が自分のFacebookを見てくれれば、それが自己紹介になります。

また、「話す時間が短くて相手のことをあまり知ることができなかった」という時でも、Facebookからその人のことを知ることができます。そしてそれが、次に会った時の話題になったりもします。

 

更に、facebookがあることで出会った人の顔と名前を確実に覚えることができます。

日本人同士では名前に馴染みがあるため、すぐに覚えることができます。

しかし様々な国から人が集まる留学先では、一度聞いただけではなかなか名前を覚えられません。

Facebookがあれば名前を文字で後から見ることができるので、確実にその人の顔と名前が覚えられます。

 

これは、相手にとっても同じことです。

海外の人からすると、日本人の名前も覚えにくいと思います。

相手に自分を覚えてもらうためにも、Facebookを積極的に活用しましょう。

 

Facebook

Facebook
開発元:Facebook, Inc.
無料
posted withアプリーチ

 

帰国後にも役立つ

 

alt=""

 

Facebookのアカウントを持つことは、留学が終わって日本に帰国してからも役に立ちます。

日本に返ってきて留学中の友達と物理的な距離ができると、だんだん連絡も取りづらくなっていきます。

そんな時、Facebookがあれば友達とのつながりをキープすることができます。

過去の思い出を懐かしむ

 

Facebookは過去の投稿をリマインドしてくれる機能があります。

「何年前の今日、この投稿をしました」という通知を見ると留学生活を思い出すことができます。

更に、その思い出をシェアすることができるので、留学中に会った友達と一緒に懐かしむことができます。

 

誕生日を祝う

 

Facebookには誕生日を登録しておく機能があります。

誕生日になると友達に通知がいくので、相手の誕生日を祝ったり、自分の誕生日にお祝いメッセージをもらえたりします。

 

留学生活を終えて帰国すると、現地で仲の良かった友達とも連絡を取る頻度が次第に減ったりします。

そうなるとなかなか連絡を取りづらくなり、せっかくできた友達とも疎遠になってしまいます。

 

そんな時にFacebookでバースデーメッセージを送れば、良い関係を続けられます。

 

さいごに

 

alt=""

 

筆者も留学を終えて日本に戻ってからは、それまで毎日のように遊んでいた友達とも次第に連絡を取らなくなりました。

しかしFacebookで友達の投稿にコメントしたり、誕生日のメッセージをやりとりしたりすることで、疎遠にはなっていません。

 

実際に帰国後も連絡を取り合い、実際に再会したこともあります。

Facebookは留学中だけでなく留学を終えてからも役に立つので、これから留学へ行かれる方はぜひ準備しておくといいと思います!

 

-Study Abroad

Copyright© Lotus Times , 2020 All Rights Reserved.