" />

Da Nang Travel Viet Nam

ベトナム中部で食べたいオススメ料理 7選

f:id:lotus_times:20190923105201j:image

ベトナムといえば、北部「ハノイ」、南部「ホーチミン」が有名。

しかし、ベトナム航空の直行便が成田 — ダナン、大阪 — ダナンの2路線を就航したように、ベトナム中部の人気が高まっています。

美しいビーチのある「ダナン」、歴史を感じられる古都「フエ」、ノスタルジックに浸ることのできる「ホイアン」など、ベトナム中部には魅力的な場所がたくさんあります。

そんなベトナム中部で筆者がオススメする料理を紹介します。

きしめんのような麺料理「ミークアン(Mi Quang)」

f:id:lotus_times:20190921124951j:plain

まずはじめに紹介したい料理は、ミークアン(Mi Quang)。きしめんのような麺に肉やエビを入れ、野菜や香草、そしてエビせんべいのようなものをトッピングした料理です。汁は少なめ。

筆者はダナンを訪れると必ず最初に食べるのがこの「ミークアン(Mi Quang)」というほどオススメです。

ベトナム版のうどん「カオラウ(Cao Lau)」

f:id:lotus_times:20190921124956j:plain

カオラウ(Cao Lau)はホイアンの名物。うどんのような麺を使った料理です。

具材は肉や香草などと、ミークアン(Mi Quang)に似ているところがありますが、汁は割と甘めの味付けです。

(LARUEビールも美味しいです)

米料理といえば「コムガー(Com Ga)」

f:id:lotus_times:20190921125907j:plain

こちらもホイアンの名物料理、「コムガー(Com Ga)」。

炊き込みご飯のような米に鶏肉をのせた料理です。

「ベトナムで米が食べたい!」という時にオススメの一品。

ピーナッツと甘ダレが絶妙「バインベオ」

f:id:lotus_times:20190921124944j:plain

こちらは古都「フエ」の宮廷料理とされている料理「バインベオ(Banh Beo)」。

米粉とタピオカ粉を混ぜてできたモチモチの生地に甘ダレとピーナッツをのせたものがトレーいっぱいの小皿で出てきます。そのまま食べても美味しいですが、ヌックマムというベトナムの魚醤(写真右)をかけて食べるとより美味しいです。

ピリ辛の麺料理「ブンボーフエ(Bun Bo Hue)」

f:id:lotus_times:20190921124948j:plain

こちらもフエ料理、「ブンボーフエ(Bun Bo Hue)」。牛肉を使った麺です。

名前の通り、「ブン(Bun)」が麺、「ボー(Bo)」が牛肉なので、牛肉を使うのが一般的です。こちらはスープがピリ辛で、クセになる味わいです。

たこ焼きのような「バインカン(Banh Can)」

f:id:lotus_times:20190921125910j:plain

こちらは「バインカン(Banh Can)」。たこ焼きのような生地にエビや肉などを乗せて食べる料理です。

(紙がテーブルに、、、笑)

実は麺料理に「バインカン(Banh Canh)」というものがあります。

スペルが若干違うのですが、日本語では区別しづらいですね、、、。

筆者は美しいビーチリゾート、「ニャチャン(Nha Trang)」で食べました。

ニャチャンへ旅行を計画されている方はぜひお試しください。

ベトナムの鍋料理「ラウボー(Lau Bo)」

f:id:lotus_times:20190921125914j:plain

最後にご紹介するのは鍋料理「ラウボー(Lau Bo)」。

「暑いベトナムで鍋!?」と思われるかもしれませんが、中部の高原にある街、

「ダラット(Da Lat)」ではこの鍋がとても美味しく感じられます。

ダラット(Da Lat)は日本でいう軽井沢や八ヶ岳のような避暑地であり、夏でも朝晩は肌寒い所です。そんな時に食べたくなるのが温かい牛肉鍋、「ラウボー(Lau Bo)」なのです。
(Tigerビール美味しいです)

「地球の歩き方」より、ベトナム中部を詳しく紹介している本も出版されているので、

チェックしてみてください。

-Da Nang, Travel, Viet Nam

Copyright© Lotus Times , 2020 All Rights Reserved.