" />

Travel Viet Nam

【ベトナムでの移動手段】「Grab」アプリが便利!

f:id:lotus_times:20190903000430j:plain

 「Grab」というアプリをご存知ですか?

配車アプリ「Uber」や、日本でいう「Japan Taxi」のようなものです。

アプリでタクシーや車を呼ぶことができます。

この「Grab」がベトナムでの移動手段として便利です。

今回は配車アプリ「Grab」を紹介します。

「Grab」とは

Grab は、シンガポールに本社を置く「Grab Taxi Holdings Pte Ltd」という会社が運営する配車アプリです。

東南アジアで車やバイクの配車サービスを提供しています。

以前はベトナムでもuberが利用できたのですが、最近(2019年9月現在)ではuberは撤退してしまい、代わりに「Grab」が主流配車アプリとなっています。

(アプリでは英語表記となっており、日本語版は今のところありません)

「Grab」の使い方

自分のいる現在地と、目的地が決まればいよいよGrabの出番です。

アプリを起動しましょう。

まず、向かえにきてほしい場所(自分の位置)を指定します。

自分の位置はpinで指定するか、自分で入力して決定します。

(pinはGPSの関係でずれることがあるので、ホテルや店の名前など、

自分とドライバーの両方が確実に共有できる具体的な場所を指定するとよいです。)

目的地は自分が行きたい場所の名前を入力しましょう。

配車準備が整い、車を呼ぶと以下のような画面になります。

f:id:lotus_times:20190907144820j:plain

ピンが刺さっているところが、今自分がいるところです。

このように車があとどれくらいで到着するのか、地図上でわかります。

個人情報保護のため黒塗りしていますが、車の情報とドライバーの名前が表示されます。

また、ドライバーは5段階の☆で評価されています。ほとんどのドライバーが

☆4.5〜☆5と考えて大丈夫です。

筆者は何度もGrabを利用していますが、☆4以下のドライバーが表示されたことはありません。

車が自分の現在地に到着すると、到着通知がきます。アプリに表示された車両ナンバーと一致する車を探しましょう。

(大きな荷物を持っていると、ドライバーが車から降りてきて荷物をトランクに入れてくれます。座席のドアはタクシーのように自動で開かないので、自分で開けて乗ってしまって大丈夫です。)

基本的にはアプリで目的地がわかっているため、ドライバーもベトナム語で話しかけてきたりしません。

「Grab」を利用するメリット

Grabのメリットは、主に以下の3つだと思います。

  • ぼったくりがない
  • 目的地の共有が確実
  • 支払いに時間をとられない

まず、「ぼったくり」がないです。

あらかじめアプリで設定された金額で車に乗れるので、タクシーのようにぼったくられる可能性がないことが一番のメリットです。

(ただし、有料道路を通る場合は通行料を上乗せします。)

次に、「目的地を性格に伝える」ことができます。

タクシーに乗ると口頭や地図を見せて目的地を示しますが、Grabを使えばあらかじめドライバーも目的地を把握しているため、違った場所で降ろされたり、道に迷ったりしません。

(それでもたまに間違えるドライバーもいますが、、、笑)

さらに、「自分が今どの辺りを走っているのか」、「あと何分で到着するか」

といったことも分かります。

3つ目は、「支払いがスムーズ」ということです。

Grabは支払いを「現金」か「登録したクレジットカード」かを選べます。

クレジットカードを登録しておけば、後日アプリを通して支払いがされるので、車を降りる際にドライバーとのお金のやりとりをせずに済みます。

しかし、場所よってはたまに「現金のみ」の場合があるので注意が必要です。

(支払い方法は車を呼ぶときに決めるので、確認してから車を手配しましょう。)

「Grab」の値段は

Grabの値段は、日本のタクシーと比べてとても安いです。

例えばホーチミンシティだと、空港(タンソンニャット国際空港)から宿泊や観光のメインとなることの多い1区まで、約30分乗っても500円くらいです。

ベトナムを訪れる前に、「Grab」をダウンロードしてクレジットカードを登録しておくことをオススメします。

Grab App

Grab App
開発元:Grab.com
無料
posted withアプリーチ

-Travel, Viet Nam

Copyright© Lotus Times , 2020 All Rights Reserved.