" />

Blog Life

【WordPress】おすすめのプラグイン7つ【これで安心です】

alt=""

 

WordPressでブログを開設できた!次はプラグインを入れてみよう。なんかいっぱいあるけど、どれを入れたらいいのかな?

 

こんな悩みを解決します。

 

WordPressのプラグインは、スマホアプリのようなものです。

インストールすることで、便利な機能が使えるようになります。

 

今回は、WordPressでおすすめのプラグインを7つ紹介します。

その後、プラグインをインストールした後の流れについても解説していきます。

 

この記事の内容

  • WordPressでおすすめのプラグイン7選
  • プラグインをインストールしたら

 

それでは、始めましょう!

 

WordPressでおすすめのプラグイン7選【入れておけば安心です】

 

alt=""

 

WordPressで入れておきたいプラグインは、下記の通りです。

 

おすすめのプラグイン7選

①AddQuicktag

②Contact Form 7

③Akismet Anti Spam

④All In One SEO Pack

⑤Broken Link Checker

⑥Google XML Sitemaps

⑦EWWW Image Optimizer


1つずつ見ていきましょう。

 

①AddQuicktag

 

alt="AddQuicktag"

 

AddQuicktagは、タグ入力をカンタンにしてくれます。

よく使うタグを登録しておくことで、ボタン1つでタグ入力できます。

 

例えば、よく黄色のマーカーを使うとします。

毎回、黄色マーカーをするところにタグを入力するのは面倒ですよね。

そこで、AddQuicktagに「黄色マーカーのタグ」を登録しておきます。

 

alt="タグ入力"

 

これで、WordPressの記事作成画面で「AddQuicktag」を押すだけで、黄色マーカーが引けるようになります。

 

②Contact Form 7

 

Contact Form 7

 

Contact Form 7は、お問い合わせページを作れるプラグインです。

WordPressにはダイレクトメッセージ機能がありません。

そのため、お問い合わせフォームを作りたいときにContact Form 7が便利です。

 

③Akismet Anti Spam

 

Akismet Anti Spam

 

Akismet Anti Spamは、スパム対策に使います。

スパムは、意外ときます。

 

shin
僕も前は、時々スパムをいただいてました、、、

 

ブログのコメントをONにする場合は、スパム対策をしておきましょう。

 

④All In One SEO Pack

 

alt="All In One SEO Pack"

 

All In One SEO Packは、SEO対策をしてくれます。

SEO対策は、検索された時の掲載順位を上げるために必要です。

All In One SEO Packは利用者も多く、人気のプラグインです。

しかし、そのためハッキングの対象になりやすいというデメリットもあります。

 

⑤Broken Link Checker

 

Broken Link Checker

 

Broken Link Checkerは、リンク切れを教えてくれます。

ブログを書くと、他サイトや他の記事のリンクを貼ることもあります。

Broken Link Checkerは、そのリンクが切れたときに、登録しておいたメールアドレスに通知をくれます。

 

記事が増えていくと、1つずつリンクを確認していたら日が暮れます。

Broken Link Checkerで、リンク切れの管理をカンタンにしましょう。

 

⑥Google XML Sitemaps

 

alt="Google XML Sitemaps"

 

Google XML Sitemapsは、サイトマップを自動で送信してくれます。

サイトマップは、Googleに自分のサイトを認識してもらうために必要です。

Google XML Sitemapsは、自動でサイトマップを更新してくれます。

 

⑦EWWW Image Optimizer

 

alt="EWWW Image Optimizer"

 

 

shin
"ewww"って、英語で「うぇー」とか、「キモチワル、、」と言う時に使うんですよ!

 

本題に戻ります笑

 

EWWW Image Opitimizerは、自動で画像を圧縮してくれます。

重い画像を記事に入れると、記事の読み込みも遅くなってしまいます。

 

なかなか読み込まれない記事は、読む気がなくなりますよね、、、

EWWW Image Optimzerで、効率的に画像圧縮をしましょう。

 

プラグインをインストールしたら【有効化しよう】

 

 

プラグインをインストールしたら、もう1ステップやることがあります。

それが、「有効化」です。

 

やり方はカンタンで、「有効化」というボタンをクリックするだけです。

 

alt="有効化"

 

プラグインの使用をやめたい時は、「停止」を押しましょう。

 

さいごに【プラグインの入れすぎは注意】

 

alt=""

 

プラグインはWordPressを便利にしてくれます。

しかし、プラグインを入れすぎるのはやめましょう。

その理由は、以下の通りです。

 

  • サイトが重くなる
  • 管理が大変になる

 

プラグインの数は、MAXで15〜20にしておくといいです。

 

余談ですが、WordPressにはプラグインと同じような機能を搭載した「テーマ」もあります。

ほんの一例ですが、僕が使っているアフィンガーというテーマはSEO対策がされています。

 

値段は¥14,800です。。
shin

 

値段だけ見ると高く感じますが、それなりの機能を備えています。

「ちょっと気になる」という方はこちらの記事も参考にしてみてください。

 

【AFFINGER5 WING】は初心者にこそオススメ!

続きを見る

 

 

-Blog, Life

Copyright© Lotus Times , 2020 All Rights Reserved.